ニオイのきつい食べ物を摂取していると体臭も強くなる傾向

ニオイのきつい食べ物を摂取していると体臭も強くなる傾向

人を不快にさせるほど強烈な体臭といえば中年の男性の加齢臭ですが、男性だけでなく若い女性も環境や体調によってきつい体臭を放つことがあります。対策を怠ってはいけません。
体臭の原因として真っ先に思い浮かぶのが汗ですが、そもそも汗は無臭です。分泌された汗は皮膚の上の雑菌や垢、皮脂と混ざりガスを発生させることでニオイとして認識されます。

 

一般的にニオイのきつい食べ物を摂取していると体臭も強くなる傾向があります。

 

その他にも脂質の多い食生活やお酒の飲みすぎも体臭をきつくする事に繋がります。例えばにんにくやニラ、玉ねぎや香辛料を多く使ったカレーなどは体臭を強くする食品だといわれているのです。他にも消化に時間がかかる肉やアルコール、カフェインの含まれている飲み物も同様です。

 

もしもこれらを中心とした食生活を送っているのなら見直すことで体の内側から体臭を改善することができます。これらの食材は一切摂取してはいけないという事ではなく、控えめにするだけで十分効果的です。

 

また逆に体臭を緩和する、改善する食べ物があります。

 

ビタミンEやビタミンB6を含む食べ物がそれに当たりアーモンドやレバー、緑黄色野菜といった食材が挙げられます。
体内の脂質の酸化を抑える抗酸化作用のある食品を積極的に摂取するといいでしょう。カボチャやピーマン、トマトなどです。

 

他にも玄米や鶏などの白身の肉などもタンパク質を豊富に含み、更に体臭も改善してくれると言われ積極的に食べたい食材です。クエン酸を多く含んだリンゴやレモン、梅干といった食材もキツイ体臭を緩和してくれます。

 

生野菜は特に有効で、グリーンスムージーやサラダを毎日の習慣にすれば体臭だけでなく美容や健康にも効果的です。

 

食生活を見直すことでその場しのぎではない、いわば体の内側から根本的な体臭対策をすることが出来ます。一番大切なのはストレスなく続けられる事なので無理なく食生活の改善をしていきましょう。