ワキガや手汗を劇的に改善するために生活を見直す

ワキガや手汗を劇的に改善するために生活を見直す

夏が来ると、汗をかくし薄着になるし、本当にわきのニオイは気になります。

 

じっとりと汗ばんでくると、周りは私のにおいをどう感じているのだろうと不安になります。
ワキガは遺伝だと聞きますが、どんな人でも強弱はあるものの、汗が発生して雑菌が繁殖するとにおいが出ると思います。

 

私の場合、制汗スプレーやロールオンタイプの制汗剤で汗を抑えようと思って使用しても、あまり効果を感じられることがありませんでした。そこでインターネットなどで色々と調べてみると、顔と同じように、肌を乾燥させることにより、肌自身が自分を守るために汗をどんどん出してしまうので、保湿が大事ということを書いてありました。
今まで、とにかく汗をかいたら、ゴシゴシとタオルやハンカチでふき取っていたので、それが逆に肌を乾燥させることにつながっていたのだと目からウロコが落ちました。また制汗剤なども、肌の乾燥につながるそうで、私がやっていたケアは、保湿という意味では不十分でした。

 

それから、顔と同じように、お風呂上りには、ワキにローションを塗って保湿をするようにしました。

 

逆にベタベタするのではないかと思っていましたが、使うローションをサラッとしたタイプのものにしたので、使用後のべたつきは気になりませんでした。
また、家に帰ったら、できるだけシャワーを浴びて清潔に保つようにしています。そうすることで、雑菌の繁殖が抑えられると思うからです。
さらに、食事の内容も気を付けています。

 

やはり、動物性たんぱく質はニオイの原因になりやすいので、唐揚げなどの揚げ物は極力避けて、豆腐や納豆などで植物性たんぱく質を多く摂るようにしています。これらは、多汗症にも効果があると聞いたことがあります。豆腐などに含まれるイソフラボンは発汗を抑制する作用があるそうです。

 

しかし、油分も体には必要なので、適度に摂っていますが、サラダ油をやめてオリーブオイルを調理に使用するようにしています。
何か一つで劇的な改善が見られることは難しいですが、様々な面から生活を見直し、できる範囲で取り組んでいくことで、少しずつ汗やニオイを気にしなくても良いようになってきました。

 

わきが・脇汗対策におすすめの制汗剤ランキング

 

交感神経と関連する手汗

 

手汗の症状は、交感神経が作用することとの関連性が非常に強いのではないかと考えられています。手汗の発生やその量を司るところであるとされており、手汗のもとになる部分であるとも認識されています。近年では、この交感神経が過剰に活発な状態になることで手汗が悪化する人も多くなってきているのではないかと思います。交感神経は副交感神経とのバランスをとりながら働く神経であり、緊張などで活発に動いてしまうとされています。そのため、過度に緊張しま状態になると、手汗がよりひどくなる可能性が高いのではないかと、多くの人たちから認識されています。

 

近年は手汗を着実に改善する方法としては、リラックスした状態を意識的に作ることが強く推奨されています。

 

リラックスした感覚が日常生活のなかで割合の高い傾向が強まると、手汗が改善できる可能性が高まるのではないかと認識されています。副交感神経の優位な状態を確立することに繋がり、手汗が過度に出ることがなくなるとみられています。日々の暮らしのなかで、意識的にこのようなリラックスした状態や環境を作り、実際に手汗を解消している人も複数見受けられています。手術を行って手汗を良くする方法もあるなかで、このような取り組みは実践することが推奨されてきつつあるのではないかと思います。

 

交感神経手汗の症状が関与するということは、昨今多くの人たちによって知られるようになり始めています。そのため、慢性的に手汗に苦しんでいる人たちに対しては、特にリラックスする時間を長くするよう努めることが希求されていくのではないかと推測されています。

 

手汗を気にせずに生活するように意識を持つだけでも、劇的に手汗が減る可能性があると考えられています。そのため、手汗の出る状況を気にせずに、リラックスして生活することを心掛けることが、手汗を改善する上では非常に効果的な手法になるのではないかと、多くの人から認識されるのではないかと思います。